エコカー・次世代自動車情報

地球温暖化防止の一層の推進のためには、二酸化炭素の排出が少ないエコカーや、ほとんど排出しない次世代自動車の普及が期待されています。エコカーや次世代自動車にはどんな種類があるのでしょうか。

 

  種類 コメント
エコカー ガソリン車 ガソリン車(乗用車)の中でも、車両重量が軽い軽自動車や、アイドリングストップを自動的に行う自動車等、燃費が良く環境に配慮したエコカーが販売されています。
ハイブリッド車(HV) 動力源が2つ以上の車のことで、乗用車として市販されているものは、主にエンジン(ガソリン)とモーター(電気)により走行します。発進時など、エンジンの燃費効率が悪い場合にモーターを使用し、燃費が向上します。
次世代自動車 電気自動車(EV) 電気のエネルギーにより走行し、走行中は二酸化炭素を排出しません。その一方で、航続距離の短さや、充電時間の長さ、また充電インフラ整備等の課題があります。
プラグインハイブリッド車
(PHV)
電気とガソリンのエネルギーにより走行し、近距離は電気自動車として、遠距離ならガソリン車(ハイブリッド車)として走行します。電気自動車よりも航続距離が長くなりますが、モーターでの走行距離が短いです。
燃料電池車 燃料電池を搭載し、水素と酸素の化学反応で得られる電気エネルギーを利用し、モーターを駆動させます。コストやインフラ整備等が課題であり、一般に普及するにはまだ時間がかかるようです。排出されるのは水だけで、二酸化炭素や大気汚染物質が排出されません。
水素自動車 水素をエネルギー源として走行する車。ガソリンエンジンを改良し、水素を燃焼させて走行します。二酸化炭素の排出を排出しないが、安全性や効率面等の課題があります。

 

試乗会・イベント情報等

「山形デスティネーションキャンペーンの開始に併せた

              『環境にやさしい電気自動車での山形旅』」

 日産レンタカーでは、山形デスティネーションキャンペーンの開始にあわせ、

県内各店舗に環境にやさしい電気自動車「日産リーフ」を追加配置するとともに、

日産リーフのレンタル料金を引き下げ、「環境にやさしい電気自動車での山形の旅」を

お楽しみいただけるプランを提案していますので、ぜひご利用ください。

 ⇒詳細はこちらをご覧ください