ホーム

地球温暖化防止活動推進員とは?

 「地球温暖化対策の推進に関する法律」(平成10年法律第117号)第23条第1項に基づき、山形県知事が委嘱しています。平成26年1月現在で、846名の方々が県内で活躍しています。
 推進員は、

  • 地球温暖化ってどんなこと?
  • 温暖化が進むと、身のまわりにどんな影響があるの?
  • 温暖化を止めるために、私たちは何ができるの?

 といった疑問について、正しい知識を広めるとともに、県民の皆さんが身近なところから温暖化防止に取り組めるよう、アドバイスや活動のお手伝いをします。

地球温暖化防止活動推進員の活動は?

  • 地球温暖化に関する講師として、町内会の会合や会社の研修、学校の授業等を通じて、地球温暖化の現状や温暖化対策の重要性と取組みについて解説します。 
  • 「出前講座」においても活躍しています!
  • 家庭で地球温暖化対策に取り組みたいと考える地域の方々に対して、住宅の構造や家庭における消費電力の調査などにより、省エネ改善策へのアドバイスを行います。
  • 国、県、市町村及び地域の環境団体等が主催する環境イベントに協力し、県民の方々に地球温暖化防止を呼びかけます。
  • ※このほか、県地球温暖化防止活動推進センター、総合支庁単位又は市町村単位で設立された地球温暖化対策地域協議会が行なう地球温暖化対策の各種事業の、協力を行います。

出前講座とは?地球温暖化防止活動推進員の活動は?

 山形県では、家庭で身近にできる省エネや、太陽光発電などの再生可能エネルギーついて学習する『出前講座』を開催しています。
地球温暖化防止活動推進員による出前講座では、公民館の行事や町内会・消費者団体などの会合、あるいは学校等において、省エネルギーの推進や、再生可能エネルギーの導入による地球温暖化対策について、皆さんにわかりやすく説明します。

詳しくは、山形県のホームページをご覧ください。

県HP(リンク)

 開催の申込については、県総合支庁環境課随時受け付けています。
日時や会場、人数、講座内容等について、事前にご相談いただいたうえで開催決定となります。